昨日の午後、運動場のネットポールの下に、すずめのヒナがいるのを、サンライフのお客様が伝えて下さいました。

 どうも、ネットポールの一番先の、地面からかなり高い場所にずずめの巣があるようで、そこにある巣から落ちてしまったようです。

親鳥の姿は見えていたのですが、巣の場所が地面からかなり離れた高いところにあり、ヒナが巣の真下にいることに全く気付けないようでした。

 全部で3匹のヒナが落ちてしまったようですが、一匹はすでに残念なことになってしまっていました。残りの2匹のヒナたちは大変弱弱しく、いのちの危険にさらされているのは明白でした。

 ただ、ヒナの生育については、親鳥から引き離して人間が世話してしまうと生育上さまざまな問題が生じるようで、生き残った二匹のヒナについてどうしようかと思いましたが、お客様のお知り合いに、野鳥の世話に経験のある方がいらっしゃるようで、その方にお願いすることになりました。

 残念だった一匹のヒナについては、巣の近くに穴を掘って、懇ろに埋葬してあげました。

 お客様方のお優しいご対応・ご配慮に感謝いたしますとともに、ヒナたちの元気な生育を祈念いたします。元気に育ってね!